Date

赤ら顔を治す方法どんなのがある?ホントに効く?

赤ら顔を治す方法を探して…どんな方法があるでしょう・・・
Breast Cancer Ribbon

Archive for 8月, 2018

テレビで赤ら顔の人を見ると安心した

posted by:

10代の頃、私は赤ら顔について最も悩んでいたと思います。赤ら顔に悩む一方で、10代ですから、それなりに夢だって描きます。

☆トレンディドラマのような恋愛がしたい
☆都会で青春したい

とかね!私がそうなのかみんなそうなのか知りませんけど、目立ちたくない一方で目立ってみたいという気持ちありませんか?テレビに出るような人になりたいとか有名人になりたいとかそういう気持ち。

だけど、そういう気持ちをいつも落胆させてくれていたのが、赤ら顔なのです。テレビを見ていると、やはり赤ら顔の人はそうそういないのです。今思えば、テレビ用にメイクなどもしていたりしますから更に赤ら顔率は低かったのかもしれませんが、10代の私にはそのような知識はありませんでしたので、有名になっても「赤ら顔のことを誰かに言われてしまう」という恐怖がついてまわり、結局先ほどのような妄想は妄想の中においてもあきらめざるを得ないような感じだったのです。

でも、たま~に赤ら顔の人がテレビに出ることもあって、そんな時は安心しましたね。だけど、そんな時は、自分の赤ら顔とこの人の赤ら顔はどう違うだろう?どちらが軽いだろう?などと今思えば些細なことばかり気にしてしまってましたね。

お肌が疲れている時期なんです。

posted by:

紫外線にあたりまくった夏のお肌なんですけど大丈夫かなって心配している今日この頃です。夏の暑さもひと段落してきましたが、お肌の調子はどうでしょうか。私は、自分のお肌に自信が持てません。

それは、けっこう紫外線にあたったかもって自覚しているからです。これぐらいなら大丈夫かなと日焼け止めを塗らずに外出してしまったこと、思い出してみても多々あります。秋になると、夏のお肌のダメージが押し寄せてくると聞くのでちょっとびびっています。

夏は、紫外線対策で保湿ケアをあんまりしていなかったのですが、ひと段落して肌を観察してみると乾燥肌やシワが心配になってきました。やっぱり、日焼け止めとか塗ったりして肌が乾燥気味になっているのかも。

夏のお肌の疲れをいやすためにもエステに行きたいところですよね。保湿パックをしたり、美容液をたっぷり使ったりとお肌の緊急ケアをはじめていきたいと思います。美肌を保つには努力が必要。秋もがんばるぞ!